原状回復にかかる費用|敷金で賄えるように

退去後のケアを円滑に

工具

建物の現状復帰では、専門のサポートサービスが人気を得ています。業者の紹介や見積もりの提示などを行われ、現状復帰を円滑に進められるとして利用者から好評のサービスです。いずれの業務も、無料で依頼が出来るのが魅力です。

Read More

借りたときと近い状態に

室内

原状回復とは、賃貸借契約において、借りたときの状態に近づけることをいいます。完全に元に戻す必要はないが、常識の範囲内で掃除をし、管理をしなければなりません。敷金をきちんと返してもらうのが目的であるので、入居時に室内の傷や汚れをきちんと確認し、契約書も確認しておくとよいでしょう。

Read More

一括見積もりの活用

作業スタッフ

安く原状回復工事を依頼する業者を選び出すのに役立つのが一括見積もりであり、簡便に利用できるのも人気の理由になっています。退去のための手続きを速やかに進める目的でまず利用するということが多いのも特徴です。

Read More

修繕に使うお金

男の人

借りる前の状態に

住宅などの賃貸物件を利用する際には、最初に礼金と敷金とを大家に支払うことが習わしとなっています。礼金とは、これから世話になることに対して大家に渡す挨拶金です。そして敷金とは、賃貸物件の利用中に万が一のことがあった場合に、解決に使うために、前もって大家に渡しておくお金です。たとえば、その賃貸物件内の設備が、借主の過失で壊れた場合などに、敷金が修繕費として使われます。多くの場合は、原状回復のために使われることになります。原状回復とは、借主が賃貸物件から退去する際に、借りる前の状態に戻すことです。賃貸物件は、あくまで借り物ですから、返す際には元のきれいな状態に戻しておく必要があるのです。とはいえ、個人の技術では戻すことが困難という場合もあります。そういった部分の修繕を、業者に依頼する際に敷金が使われるのです。

劣化の原因

建物は放置しておいても、つまり誰も利用していない状態でも、古くなることで状態が徐々に悪くなります。これを経年劣化というのですが、その部分に関しては、借主の責任ではないので、原状回復をする必要はありません。原状回復は、劣化の原因が借主にある部分でのみ、おこなうということです。特に多いのは、物を落としたり引きずったりすることでついた、床や壁のへこみあるいは傷です。また、水回りのサビやカビなども、借主の手入れ不足が原因とみなされ、原状回復の対象となります。こういった部分の修繕に、費用がかかる場合には、それが敷金から使われるという仕組みになっているのです。支払っておいた敷金が、修繕費に足りない場合には、借主は追加で支払うことになります。もちろん余った場合には、借主はそれを返してもらうことができます。