原状回復にかかる費用|敷金で賄えるように

借りたときと近い状態に

室内

敷金を返してもらうために

原状回復とは、賃貸借契約のときの言葉で、借りたときの状態にできるだけ近づけて返すことをさします。とはいっても、家やモノは使っているうちに変化していくのが当然であり、避けようのない汚れも必ず発生します。そのため、原状回復といっても完全に元の状態に戻す必要はありません。常識の範囲内で掃除をし、管理を怠っていなければ問題ないとされています。原状回復をきちんと行うことの目的は、敷金を返還してもらうためです。室内に生じた傷や汚れなどは敷金から費用を捻出して修理、交換することになっています。きちんと原状回復を行うことで、この費用の持ち出しを少なくして、より多くの敷金を返してもらうのが目的です。このために、原状回復専門の業者もいるほどです。

入居時に確認を

原状回復で重要なのは、退去時ではなく実は入居時です。入居時に、もともとあった汚れや傷などをしっかり確認しておき、写真などを撮って証拠を残しておくことが大切です。証拠を残しておかないと、退去時に「これはもともとあった傷です」と主張しても、信憑性にかけてしまい、説得力がないためです。そのため、入居時、家具を入れる前に部屋の状態を隅々まで点検し、微細な汚れや傷などもチェックしておくのが重要です。また、契約の段階でもチェックしなければなりません。本来貸し主が負担すべき修繕費を借り主に負担させる条項を盛り込んであることが少なくないためです。疑問や不満があれば、契約前にしっかり確認し、納得のいくようにしておきましょう。